虹パレ:メディア関係者宛ての言葉

  • HOME »
  • 虹パレ:メディア関係者宛ての言葉

何千人ものレズビアン、ゲイ、トランスジェンダー、バイセクシュアル(LGBT)がフェスティバルに参加し、日本で平等な権利を求める行進が行われ、名古屋では虹の旗、ユニコーンのヘッドバンド、カラフルなプラカードが着用され、揺らめいていました。

2012年より、虹色どまんなかパレードは秋に開催され、名古屋の毎年の恒例行事となっています。このイベントはLGBTの存在を知らしめ、社会の理解を求めることを目的としています。

会社の考えを公言し、イベントの話題性に助力した彼らの支援なしに、このイベントは開催できなかったでしょう。

メディア関係者への言葉

色どまんなかパレードのイベントが完遂して、このプラットフォームを使い、政府部門、土地所有者、一般市民、このイベントを支援してくれた会社、グループ、企業、我々のスポンサー、そしてもちろん今季を通して、メディア関係者の深い関与と巨大な支援に心から感謝の意を伝えたいと思います。

 

簡単なことではありませんでしたが、お互いの努力を通じて、この素晴らしいイベントをなんとか成功させました。本当に忘れがたい経験となりました。

ニュースレターやソーシャルメディア(FacebookとTwitter)上で 、このLGBTパレードを通して、あなたや、我々の読者、忠実なサポーターに我々の道のりを共有しました。

LGBTQに関する考えを公式サイト(http://tentendo.jp/)で発表し、愛知労働局やハローワーク等に,

従業員の採用に関して差別しないことを保証したてんてん堂様にとりわけ深く感謝を申し上げます。

彼らもまた業界で初めて、LGBTQが好まないものの一つとして、しばしば引用されるランドセルにおける性別ステレオタイプの色と形を排除するために、今年男女共用のモデルを発表ました。

また、性同一性の表現に関して従業員が着る服を自由にさせてくれた岩田製作所に、最大限の感謝の気持ちを伝えています。

 

彼らは会社の個人の性的指向を支援し、受け入れてくれています。また、国籍、性別、年齢、宗教、SOGI(性的指向、性同一性)に関わらず、人材の選別を行っています。

 

両社はまた、従業員の間でセクシャルおよびジェンダーハラスメントやその行いを禁止し、同性カップルの従業員に家族手当や福利厚生を提供するという、LGBT友好宣言の構想を打ち出しました。

また、この宣言には、性同一性に基づく偏った雇用のような、職場上の差別禁止も含まれています。

また両社とも、性的少数者向けのトイレや更衣室の使用に関する配慮や、様々なスタッフや顧客により良いサービスを提供するために、LGBTQ問題に関する社内研修の実施も発表しました。

参加者を代表して、愛を込めて、感謝を申し上げます!私たちのソーシャルメディアプラットフォームへの関心、そしてカラフルな服装とユニフォームでイベントに参加し、大きな声援と温かい敬意をいただき、誠にありがとうございます。

パレードの間、あなたから励ましの言葉と応援をいただき、誠にありがとうございます。

虹パレ更新情報!! ~News~

YouTubeチャンネル

虹パレのYouTubeチャンネルはこちらもしよろしければチャンネル登録をお願いします。

協賛企業一覧

株式会社チェリオコーポレーション
咲江レディスクリニック
大橋運輸株式会社

公式facebook

PAGETOP
Copyright © Nijipare All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.